色々使えて便利!水漏れテープの活用法

テープといえば、ガムテープやセロハンテープが一般的ですが、水漏れテープは室内でも屋外でも使える万能なテープで活用用途が広いことは意外と知られていませんよね。水漏れの補修だけでなく、色々なシーンで活用できるのですよ。

そこで、雨に濡れてもはがれにくく、ガムテープの代用品としても使える便利な水漏れテープの活用法をご紹介しましょう。

水道管の水漏れの補修に活用

水漏れテープの最もオーソドックスな活用法といえば、水道管の水漏れの補修でしょう。キッチンや洗面台などの水道管が劣化して、ポタポタと水漏れが気になる場合は、水漏れテープを貼って応急処置をすることができます。

破損している部分だけでなく、その周辺を含めてぐるぐると巻くことで、水漏れを食い止めることができるでしょう。しっかりと水分をふき取ってから、水漏れ部分に圧着するように貼り付けます。しわができたり、テープの間に空気が入ってしまうと、その隙間から水漏れするので注意が必要です。

特に、一巻き目はしっかりと巻き、密着度を高めると剥がれにくくなります。少量の水漏れなら、定期的にテープを貼り変えるだけで対処できますが、大量の水漏れの場合は、水道工事業者に水道管を修理してもらう必要があります。

外壁の補強に活用

水漏れテープは屋外でも使用できるため、劣化した外壁を補強するのにも活用できます。外壁の破損した部分を木材で塞いだ後、継ぎ目から水が入って腐らないように水漏れテープを貼ります。そうすることで、木材を劣化させる心配がありません。

また、外壁から水漏れしている場合も、水漏れテープを貼って補修することが可能です。外壁が乾いてから、どの部分から水漏れしているのかを調べ、その部分に水漏れテープを貼ります。ただテープで塞ぐのではなく、水は下向きに浸透するという性質を考慮したうえで、水漏れ箇所の下側に重点的に貼るようにしましょう。

テープを貼る前は、外壁の汚れを綺麗にすることも大切です。表面が汚れていると粘着力が弱まり、水漏れを防ぐ力も弱まります。応急処置として高い効果を発揮します。

窓のサッシの水漏れに活用

雨が降ると、窓のサッシから水漏れすることもありますよね。そんな時も、水漏れテープで補修することができます。サッシの上下左右に水漏れテープを貼り、水の侵入を防ぎます。貼り方には順番があり、まずは最も水が漏れやすい下側の部分に水漏れテープを貼ります。

この部分をしっかりと補修することで、大半の水漏れが防げます。次に、左右にテープを貼った後、最後に上手に貼って完了です。下側から上側に向かって貼っていくのが、しっかり水漏れを防止するコツとなります。長期間貼り続けていると剥がれてくることもあるため、定期的に張り替えると良いでしょう。

雨漏りの補修に活用

築年数が長い家屋では雨が降ると雨漏りすることがありますが、少しぐらいの雨漏りなら水漏れテープで補修すると良いでしょう。雨が降っている時に、どの辺が雨漏りしているのか見当をつけておき、雨がやんで乾いたら、テープを貼って処置します。

雨漏り部位は、隙間や裂け目があるなど何らかのサインがあるので、その部分に水漏れテープを貼りつけると上手くいきます。しっかりと密着させて貼った後は、重ねながら何重にもテープを重ね補修しましょう。ただ、あくまでも応急処置として使用するのが賢明で、根本的な雨漏りの原因を修理することが大切です。

テントやレインウエアの補強に活用

テントやレインウエアは、防水加工で水が入らない構造となっていますが、縫い目部分はどうしても防水力が弱まり、その部分からじわじわと水がしみ込んでくることもあります。

そのため、縫い目部分を水漏れテープで補強すると、水の侵入を防ぎ、縫い目部分の劣化も回避できます。また、テントの生地に穴が開いてしまった場合も、水漏れテープを貼って補強すると問題なく使用できるでしょう。

良い状態を保ち、長期的に使い続けることができます。雨の日のアウトドアでの作業やキャンプも安心です。

隙間を塞ぐのに活用

浴槽とヘリとの間や、ヘルメットとシールドの間など、水が浸入すると困る隙間には、水漏れテープを貼って対処することが可能です。浴槽に貼る時は、水を抜いて乾いた状態の時に行い、隙間を埋めるようにしっかりと密着させるのがポイントとなります。

また、窓やドアの隙間に貼ると、部屋の中の密閉度を高め、冷房や暖房の電力効率を上げることができます。水漏れテープは他のテープよりも密着性が高いため、しっかりと隙間を塞げるのです。

→リフォーム用品のパテで水漏れを解消するメリットと生活上の問題点

屋外の床材の固定に活用

庭に人工芝を敷いたり、床板を設置する時も、水漏れテープが活用できます。普通タイプの水漏れテープではなく、両面テープタイプの水漏れテープを使用することで、簡単に固定することができるでしょう。床材にテープを貼りつけ、その上に床板や人工芝など好きなものを置いて固定すると、ずれずに綺麗に仕上がります。

ただ、長期間使用していると、剥がした時に元の床材をキズつける可能性があるため、賃貸物件では自粛したほうが良いでしょう。

電気の配線の養生に活用

屋外や水回りに設置された電気配線は、水がかからないように保護しなければなりません。電気配線に水が入ってしまうと、電気がショートしたり、酷い時には火事を引き起こすこともあります。電気配線の皮むきした部分に水漏れテープを巻きつけておくと、万が一水がかかっても安心です。

電気配線には、幅の細いタイプの水漏れテープの方が使い勝手が良いです。防水チューブを取り付けるよりも簡単で、手軽に保護することができます。

水漏れテープを貼るコツ

水漏れテープを効果的に貼るには、表面を乾かし、ホコリや汚れを綺麗に取り除くという下準備が大切になります。また、空気が入らないようにしわを作らず、接着面と密着させることが課題となります。そのためには、一気にテープを出すのではなく、数センチずつ出しながら貼っていきます。

密着性を高めるためには、しっかり伸ばして貼ることも大事です。最初は戸惑うかもしれませんが、慣れると上手に貼れるようになるでしょう。水漏れテープには、気密性の高いもの、耐熱性の高いもの、クッション性のあるものなど色々なタイプがあるので、使用する用途に合わせて適切な水漏れテープを選ぶのも重要です。

広範囲にわたり補修するなら幅の広いもの、配線など細かいものに巻き付けるなら幅の狭いものなど、サイズ感にも注意しましょう。