水漏れが起きた時に使える保険はあるの?保険を使うための注意点などは?

「トイレや台所などからの水漏れが原因で、壁紙や床が駄目になってしまった」という経験をしたことがある方も多いのではなないでしょうか。実は水漏れによる修理費用がかかった時に保険が使えることがあります。どのような保険に加入していれば水漏れが起きた時に保険を利用することができるのでしょうか。

また、利用するためにはどのような点に注意すればよいのでしょうか。

水漏れが起きた時に使える保険とは?

水漏れが起きて修理が必要になった時に使えるのは「火災保険」です。火災保険とは、火災などが原因で住宅や家具に損害があった時に住宅や家具を補償してくれる保険です。「火災保険」となっているため、「火事が起きた時にしか使えないのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、水害や風災などの自然災害や、日常生活で起こった水漏れなどの災害で家財や建物に損害があった場合にも火災保険が使えることがあります。

火災保険は水漏れ修理の際に利用出来ることがあるのですが、「トイレの水漏れ修理」など水漏れ修理自体にはこの保険を使うことは出来ません。では、どのような場合にこの保険が使えるのかというと、「トイレなどの水漏れが原因で床や壁紙などが駄目になってしまったので、床や壁紙などの修理費用がかかった」という時などに火災保険が利用出来る可能性があります。

火災保険に入っていれば必ず水漏れの時に大丈夫なのか

火災保険に加入していれば、必ず水漏れの時にも保険が利用出来るという訳ではありません。火災保険といっても保険会社によって保険の内容が違います。たとえ同じ保険に加入していたとしても加入内容が家庭によって異なるため、適用になる場合と適用外になる場合があるため注意が必要です。

「火災保険に入っていたかどうか覚えてない」という人もいるかもしれませんが、マイホームに住んでいる人もアパートなどの賃貸に住んでいる人もほとんどがこの保険に加入しています。マイホームの場合、ローンを組むためには火災保険に入る必要があり、賃貸に住む場合も部屋を借りるために火災保険に加入する必要があります。

そのため多くの人が火災保険に加入しているのです。ローンを組む時や賃貸を借りる時、火災保険について簡単に説明した後、「保険に加入する必要がありますのでこちらにサインをお願いします」と書類にサインをして終わりということも多いため、自分が加入している保険は水漏れの時にも利用出来るのかを確認しておくことが大切です。

一度、加入している保険のパンフレットや加入した時の書類など見ておき、補償内容がよく分からなければ加入している保険会社に確認してみましょう。

水漏れが火災保険の適用にならない可能性がある加入例

火災保険の支払状況は、火災や水害などの自然災害が原因で起こった損害より、水漏れの損害に対しての支払の方が多いのをご存知でしょうか。火災保険は新しく家を建てたり、引越しで新しい賃貸に住み始める時などに加入しますが、費用をなるべく抑えるために基本的な補償内容だけにしてしまう人も多くいます。

基本的な補償内容だけにしている場合、水漏れが起きて床や壁紙がダメになってしまっても補償してもらえないことがあります。基本的な補償内容のみにしてしまっている以外に、火災保険の補償を建物のみにしている場合も保険の適用にならないことがあるので注意が必要です。

「家具が壊れるようなことなんてほとんどないし、建物のみの方が安くなるから」などの理由で、補償を建物のみにしている人もいます。基本的な補償内容だけにしている場合や補償を建物のみにしている場合、水漏れが起こった時に保険の適用外になる可能性があるため、補償内容を事前に確認しておくのがお勧めです。

火災保険の書類が見当たらない時はどうすればよいか

火災保険はマイホームや賃貸に住んでいるほとんどの人が加入しているのですが、全ての人が必ず加入しているとは言い切れません。火災保険には期間が設定されているため、「保険期間が過ぎてしまっていた」という可能性もあります。

中には「火災保険の書類がどうしても見当たらず、加入しているかどうかの確認が難しい」という場合も。このような場合は持ち家の人の場合はハウスメーカーや銀行、アパートなどの賃貸に住んでいる人は不動産屋に確認するとよいでしょう。

ハウスメーカーや銀行、不動産屋などでは、売買契約や賃貸契約を行った時に保険証券の写しを取ることが多いので、分からない時に確認してみるのがお勧めです。加入しているかどうか確認した際、火災保険に加入していないことが分かった場合は、いざという時のために火災保険に加入しておくとよいでしょう。

どのような補償を付帯しているのかもチェックしよう

加入している火災保険の補償の付帯内容についても確認しておくことが大切です。火災保険は加入していれば絶対に安心という訳ではないため、付帯内容をきちんと調べておきましょう。付帯内容を調べる時に必要になるのが、「保険証券」で、保険証券にはどのような時に何に対する損害補償をしてくれるのかなど、様々な情報が記載されています。

保険証券が見当たらないという場合、加入している保険会社のコールセンターに問合せれば、自分が加入している保険の加入状況などを教えてくれます。この時に水漏れも付帯されていることが確認出来れば、トイレやキッチンなどで水漏れが起きて床や壁紙に損害が起きた場合でも、ほとんどの場合、補償を受けることが出来ます。

→色々使えて便利!水漏れテープの活用法

マンションやアパートで水漏れが起きた時は管理会社に確認しよう

マンションやアパートで水漏れ事故が起こった場合、自分が住んでいる部屋だけでなく、下の階の人にも被害が及ぶことがあります。どこから水漏れしているのか分かることもありますが、場合によってはどこから水漏れしているのか分からないということも。

どの部分から水漏れしているのか分からない時は、専門業者に依頼して調査をする必要があります。この調査には費用がかかりますが、このような時に利用出来るのが火災保険の「水漏れ調査費用補償」というものです。

この補償はマンションの管理組合が加入している火災保険に特約で付けていることも多いので、マンションなどに住んでいる人の場合、まずは管理会社に連絡しましょう。

多くのマンションでは住民同士のトラブルを防ぐために、火災保険にこの付帯を付けています。管理会社に連絡すると管理会社の方で専門業者の連絡先を教えてくれたり、業者に修理の手配をしてくれるなどの対応を行ってくれます。

アパートなどによっては、修理してくれる業者が決まっていることもあるので、勝手に自分で修理の依頼を行わず、管理会社に連絡して水漏れが起きていることを伝えましょう。